スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

ふっ…(ため息)

今日の夕飯、カレーでした。
ぐっつぐっつ沸騰したところにルーを入れ
そのまま煮込もうとしました。

………

…父からダメ出しが出ました…( ̄▽ ̄;|||)

スポンサーサイト

2009/01/31 19:50 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

どこ?

口座はなんとかストップしました。
あとは印鑑と通帳を見つけるだけです。
家のどっかにあるはずなんだけどな~。

2009/01/30 20:46 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

…つ…通帳ーっ!!!!

通帳がありません。
どこを探してもありません。
先々週のごたごたが原因と思われます。

…口座…止めてこいと父からお達しがありました…。

…今月の給料、まだおろせてません。
来月、イベントに行く予定です。
OP「泪のムコウ」が出ます。
マリナ姫の「TOMORROW」が出ます。
ダブルオーのDVDが出ます。
外伝や楽しみにしていた「蒼い記憶」も出ます。
オフィシャルファイルのVol.3も出ます。
親友と出かける予定も組んでます。

…………( ̄□ ̄;||||)

来月、乗り切れるかなあ…。

2009/01/29 20:33 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

や・ば・い!!

大変な事態が発覚しました。
なくなったら困る物がなくなりました。

通帳どこ行った―――っ!? (((@口@;)))

2009/01/28 22:04 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

こつこつこつこつ…

現在、来たる2月27日に向け、ちょっとした小説を書いています。
私の仕事場はほぼ山の麓(目の前に山)なので
仕事帰りの電車の待ち時間及び移動時間が少々長く、
その時間が結構貴重なのです。

こつこつこつこつ書いていますが、
こんなとき、プロの小説家様や原作家様は
ほんとにすごいんだなぁと改めて感じるわけです。
その何分の一かでも文才があればな~。
そんなことを考える今日この頃。

続きを読む »

2009/01/27 20:44 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

心配…

昨日の時点で一週間以上、某サイト様のブログの更新がありません。
以前5日くらい遅れたことはあったのですが、
さすがにここまで長期は(知っている限り)初めてのことです。
こういうとき、無駄に心配になってしまいます…。
そのサイト様は、私の超お気に入り素敵ニル刹サイト様なので、
2月8日の全国大会R6に向けて原稿に勤しんでいると考えるのが
妥当なのですが……。
……
やはり心配です。
今流行のインフルエンザにでも引っかかったか、
あるいは他に何かあったのか…。
…何事もないと良いのですが…(-_-;)

2009/01/26 20:31 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

よりによって始まってから親戚が来たのでところどころ聞き取れなかった…何でこんな時に限って来るかなあ! 先週も先々週もそうやって結局ワンセグ視聴になったのに!!

「機動戦士ガンダムOO 第16話 悲劇への序章」

それは、ただの始まりだった。


■6万人の真実
「痛みを伴ってでも、市民は目覚めなければならない」
…小説3巻を思い出しました。
“人間は経験したことでしか理解しない。
しかも痛みを伴っていれば、なおさら効果的だろう”
ちょっとニュアンスは違うかもしれませんが。
…正直な話、ダブルオーを見ていると、
「これぐらいやらないとわからないのかな」と思うことが
たま~にあります。ごくごくたま~に、ですが。
情報統制のせいと言ってしまえばそれまでですが、
遠い場所で現実に起こっていることに関心を示さない…
連邦市民のこの姿勢は、どこか現代日本を彷彿とさせるのは
気のせいでしょうか?
日本国民ってそうですよね。中東方面とか中国とか、どこかで
戦争が起こってニュースや新聞で大見出しになっても、
興味を持たないと言うか、関心が薄いというか…。
先住民族問題、日本ならアイヌ民族ですが、他の国はわりと
そういった問題にも取り組んでいる印象があるのに(個人的見解)
日本はないとか…。
国内外で起こってる「世界的問題」に関心を示さない。
こういうのを「平和ボケ」っていうんでしょうか?(なんか違う…)

私もあんまり強くは言えませんけどね。

実際私もダブルオー見るまでは「関心薄い日本国民」の
ひとりでしたからね(苦笑)
面白そうだったんでアイヌ民族のことは少し調べたりしてたんですが(言語等)
中東方面まではさすがに…。
でも最近は、ガザ地区とかパレスチナとか、自爆テロとか。
そういった新聞の記事とニュースに、最低目を通すぐらいはしています。
そりゃ、何ができるってわけじゃないし、実際何もできません。
でも…関心を持つ、持たない、だけで、「何か」が違ってくるかもしれませんよ。
その「何か」が、なんなのかはわかりませんが。
…なんか話が脱線してるような…(汗)

■連邦の情報統制
アロウズが三度投入したオートマトンのせいで、市民にまで死傷者が。
そのオートマトンの映像を反乱軍に映像を差し替え、世界に流す…。
実は、10話「天の光」のあたり、連邦はスイール王国消滅の一件を
全部カタロンもしくはソレスタルビーイングに押しつける気じゃないか? と
考えていました。ちなみにCBに押しつけた場合、
「CBはスイール王国付近に駐留していた連邦正規軍に向け衛星兵器を発射、
しかし照準を誤ったのかスイールに直撃」、って感じですかね。
(実際は「衛星兵器」の「え」の字も出ませんでしたけどね)
それをここで持ってくるとは…。
アロウズは英語で書くと「A-LAWS」。直訳で「最上の法律」…とかいう
意味になったはずです(うろ覚えです…間違ってたらすいません!)
まさに「自分たちが世界の法」「逆らう物には罰を」な名前です。
人々の感情を煽り、反政府勢力撲滅の動きを大きくする。
市民がねじ曲げられた真実を信じてしまうのは、
ある意味仕方がないことかと私は感じています。
自分自身がその場にいない限り、真否を確かめるのは難しいことですから。
しかし報道とは、真実を世界に伝えるためのものです。
その「伝えるべき真実」をねじ曲げた報道に怒りを覚え、JNNの池田さんは
カタロンに入ったのでしょう。ねじ曲がった真実を伝えるのは、
報道屋としてのプライドが許さなかったのかもしれませんね。
そして、「市民が報道された情報に少しでも関心を持って調べてくれれば
本当の情報に辿り着けたかもしれないのに…」と思うのも、
また事実です。
ちょっと矛盾してますけどね。

■所属変われば見方も変わる
アロウズは、まあCBやカタロン、視聴者の立場から見れば、
「虐殺集団」みたいなイメージですかね(あくまでイメージです)
実際の所、正直私も同意見(苦笑) やり方無茶苦茶ですからね。
けど――アロウズに所属するどれだけの兵が、
「自分たちのやり方はいくらなんでも酷すぎるのでは?」
と感じているのでしょうか。
アロウズで戦う理由は様々です。
刹那にやられたジニン中佐のように、大切な人を失った人。
ルイスやビリーのように、復習のために打倒ガンダムを誓った人。
まあ、コーラみたいな奴はいないでしょうが…( ̄▽ ̄;ハハハ…)
様々な理由が、彼等を戦いの場へと向かわせています。
最初にアロウズ―独立治安維持部隊が発足したとき、
その時アロウズに志願した人々の大半は純粋に、
自分が平和のための力になるのだと願って入ったのでしょう。
「今はどうしてもアロウズの力が必要なのだ」と胸中で呟いた
アンドレイのこのセリフに、そんなことを感じました。
もちろん今でも、そのためにアロウズで戦っている兵がいるはずです。
みんながみんな、望んだ平和のために戦ってる。
アロウズも、連邦正規軍も、クーデター軍も、カタロンも、もちろんCBも。
「世界の真の平和のために」…思いは同じなのに、考え方の違いで
どうしても分かり合えない。それでも、そのための努力はできる。
それをさせないのは、アロウズの中のほんの一部の人間、
ティエリアの言葉を借りれば「権利に群がるクズ共」と、
アロウズ上層部と繋がり、その動きを掌握、
世界統一のためならどんな犠牲も厭わないと、純粋に平和のために戦う
アロウズの兵の感情を煽っている、リボンズたちイノベイター。
喜びや安らぎだけでなく、怒りや憎しみ、そういった「負の感情」も、
私はあって当然だと思っています。
負の感情、特に憎しみは、強い反面悲しい力でもあり、
また自分の身を滅ぼしかねない諸刃の剣でもあります。
しかし憎しみもまた、捨てることなどできない「あって当たり前の感情」。
人の心、「あって当たり前の感情」を利用するのは、
そこにどんな理由があっても許されることではありません。
たとえ利用する感情が、忌み嫌われる感情であったとしても。

■「鏡見たことあんのかメタボ!!」byハレルヤ
まだあったのメメントモリ!?
王留美、あんたどんだけ投資したの!!
しかもまたこいつ指揮かよ…。
「受けるがいい、神の雷を…」とか言ったときのあの准将の顔が
気持ち悪くてしかたありません…。
セクハラー! セクハラよー!! (」>口<)」
自分の顔鏡で見てみなさいよ!! きっと引くから!!

■ここで…
トランザムマスラオにダブルオーライザー大苦戦。
腕の傷もいい加減限界に近い…(T口T)
ガンダムという存在と戦うこと、それが自分の生きる証。
すんごいセリフ吐きますねブシドー様…。
だけどその言葉は、刹那自身にも覚えがある言葉。
「戦うだけの人生…俺もそうだった…」
戦うことしかできない破壊者。それが自分。
自分、“だった”。
「でも今は…そうでない自分がいる!!」
沙慈と、マリナと、何より仲間たちと出逢って、触れあって。
戦う意外のことに目を向けられるようになった。
大切な誰かのことを思えるようになった。
『お前は変われ…変わらなかった俺の代わりに…』
取り返せない過去から、これから築いていく未来へ。
刹那の変化は、もう始まっている。

「…わかっている、ロックオン……
ここで、俺は変わる…
俺自身を、変革させる…」

「ここ」で。
CBで、仲間たちと共に。

■次回予告
第17話「散りゆく光の中で」
まさかとは思うけど…
マジで倒壊したりして、軌道エレベーター…
刹那には当分おとなしく傷の治療に専念して欲しいです…
ちらっと見えた銃創が…銃創が…(T_T)
しかし…見間違いでしょうか…
オレンジ色っぽいヘルメットをかぶった方…とても女性的で…
あの…その…ものすごーく…マリーさんに見えました…。
…出ちゃうのかな…できれば嫌だけど、もしも出るなら、
お互い納得するまでアレルヤととことん話し合ってください!
アレルヤはそろそろ本当に腹括らなきゃいけないかも…。
限定待ち受け、今回はハーキュリー大佐。
テロップは…
「人類は死を想い…平和の尊さを考えねばならんのだ」
………(-_-#)
……むかつく顔が出てきました。

2009/01/25 21:35 |ガンダムOOCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

新事実発覚! その2

あったぁ――――っ!! \(≧▽≦)/


まねきねこ不動産

まねきねこ不動産
(2008/1/13) 少年画報社

このたびやっと見つかりました、「まねきねこ不動産」!
近場の本屋になく、ある意味最後の砦だったちょっと遠い本屋へGO。
ここでやっっっっっと発見しました…!!

「まねきねこ不動産」は先月発売「猫絵十兵絵御伽草子」と共に
「ねこぱんち」という丸ごと猫まんがの雑誌で連載中です。
このほかにもたくさんの方々の猫まんがが掲載されているので
そこの猫好きのあなた、ぜひどうぞ!(笑)

この「まねきねこ不動産」、帯がついていました。
ホロのキラキラ(肉球模様付き)の帯。
アオリ?文が載っていました。

「不動産店に勤める、著者の実話ネタ満載!」

……!? Σ(@△@;)
空乃さかな先生…プロの漫画家じゃないんですか!?
し、知らなかった……!!(汗)


猫絵十兵衛御伽草子

猫絵十兵絵御伽草子
(2008/12/24) 少年画報社

新事実発覚!

どーせ私はみそっかすだよ!! \(>口<#)/

スルーしてやってください。ただの心の叫びです。




オフィシャルファイルVol.2

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン
オフィシャルファイルVol.2

(2009/1/23) 講談社 編


買ってきました、Vol.2!
さてタイトルの「新事実」とは…(ネタバレのため「」内反転)
9話の回想で風船を貰いにいったのはライルだった!
そうすると、「じゃあ片割れはどこ行った?」という話になりますが…
これに関しては、放送直後に自分なりの仮説を立てています。
ニールは家族と離れて別の場所で買い物してた!
↑これです。「」反転です。
見た目では2人の区別がついていなかったのですが、
小説版の情報をふまえると、自然と上記のような形に
仮説を立てられました。的中している可能性は高いかと。

今回はメカニック特集。各ガンダムの細かい設定や
システムの詳細、武装等がよくわかります。
こういうメカ物の設定資料って、読んでて楽しいんですよ♪

しかし個人的には……
セラフィムガンダムの型式番号が知りたかった!!
マニアックですかねえ…(-_-;)

2009/01/23 22:07 |ガンダムOOCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ない!

13日発売の本がどこにもありません。
近場の本屋はあらかた探しつくしました。
なのにありません。
ちくしょう…。

1ヶ月前から楽しみにしてたのに! 「まねきねこ不動産」!!


まねきねこ不動産

まねきねこ不動産 1
少年画報社(2009/1/13)     

続きを読む »

2009/01/22 21:22 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

むー…

ちょっと行き詰まりました。

なかなかうまくいかないもんです。

2009/01/21 21:00 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ま、よくあることだけど

左手の親指に切り傷ができていました。
切り傷、とは言っても、糸を抑えたとき、
その糸が食い込んでできた、いわば「えぐれ傷」です。
こういった傷は右手の人差し指や親指にもよくできます。

今日、機械に糸をかけているとき。
糸の端と管の糸を結ぶとき、左の親指にどうしても
糸がかかります。
えぐれ傷(ふさがってはいる)に糸がかかり、
そして糸を結んだ瞬間……

べりり…

……。
傷(ふさがってはいた)周辺の皮が引っかかって
皮がめくれました。血が出ました。
絆創膏を持ち合わせていなかったのでそのまま仕事続行。
めくれた場所に糸がかかるたび痛い思いをしました。

糸が食い込んで血が出るということはよくあります。
そこにさらに糸が食い込むともの凄く痛いです。
そのたんびに絆創膏にお世話になってます。
明日も貼ってかなきゃです。
ストックあったかなあ?

2009/01/20 21:14 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

かゆい!

だ―――――――っ!! (>口<#)

一昨日あたりから体中がかゆくて仕方ありません。
今日やっと行きつけの皮膚科に行って薬をもらいました。
飲んだらあっさり収まるかゆみ…。

案の定、「じんましん」が猛威を振るっていただけでした。
かゆいんです。本当にかゆいんです。
普段は薬が切れる前に皮膚科に行くんですが、
先週は家中ばたばた、家族も風邪やインフルエンザでばたばた。
行くヒマがありませんでした。
一度出てくると、かゆくてかゆくてたまりません。


2009/01/19 20:57 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

い、痛い…(泣)

「機動戦士ガンダムOO 第15話 反抗の凱歌」

どんなに願っても、変えられないもの。


■なぜ…
すんでの所で攻撃の手を止めてしまった刹那。
GNソードⅡがアルケーを貫くまであとちょっとだったのに…
「俺は、なぜ、戦いを…」
止めてしまったのだろう、かな…。
それはきっと、刹那にしか出せない答え。

■信じるということ
火器が使えなくなっているトレミー。
もしここで襲われたら、ひとたまりもない。
ダブルオーライザーがいれば…だが刹那共々、
どこにいるのか、無事かどうかもわからない。
それでもティエリアは、「僕は、信じる」。
無事でいると、きっと合流すると。
だから今は、刹那の無事を信じて、生き残ろう。
それしかできなくても、それだけはできる。

■なんだか…
「准尉は女性らしい振る舞いをしようと思わないのか?」
「思いません」
…沙慈に対する誤解がどんどんルイスを冷たくしていく…(T□T)
感情を捨てたようなルイスが、人革軍に着任した直後の
ソーマに見えて仕方ありません…ううう…(T△T)

■叶わぬ願い
刹那の見た夢。過去に犯してしまった罪。
生家に飛び込んでいく、幼い頃の自分。神を信じていた自分。
同じ事を、繰り返すわけにはいかない。
「何をする、俺は神のために…」
「この世界に神なんかいない!」
お前のやっていることは、憎しみの連鎖を広げるだけだ。
幼い自分から銃を取り上げ、外へ飛び出す。
そこにいた、モスグリーンのパイロットスーツに眼帯の男…。
…ロックオン・ストラトス、ニール・ディランディ。
ニールが静かに語る。どんなに願っても、変えられないものはある。
過ぎてしまった過去、なにより――命。
銃声。また繰り返してしまった過ち。
変えられないものはある。叶わない願いはある。
過去に捕らわれ続けては、変えられる未来も変えられない。
自分のように…。
「刹那…お前は変われ…変わらなかった俺の代わりに…」

■MA・IKKA☆
カタロン・ヨーロッパ支部にて、トレミー補給完了!
「連絡をくれたカタロンに感謝しなきゃだな」
とか言いながら、ライルに意味ありげな視線を向けるラッセ。
アニューも、フェルトも、同じく意味ありげな目線…。
…ばれてる? ライルがカタロンと繋がってること。
黙殺してるのか、暗黙の了解なのか…。
………。
でも、「ロックオンは仲間」、というのは変わらない雰囲気。
CBに不利益があるわけでもないし…ま、いっか☆

■「戦わざるを得なかった」、じゃなくて…
マリナは平凡な家庭の育ち。ただ、血筋が王族だったということ。
音楽が好きで、その道に進みたかった。
国のために王女となったけど、無理をしていたのか…でも…
「あなたも、無理をしているように見える…」
誰だって、戦いたくなんかない。それはきっと、刹那も同じ。
本音は、静かな場所で穏やかに暮らしたいと思っているかも。
でも、刹那は知ってる。世界の歪みを。世界の現実を。
それを知っているから、戦うことを選んだ。
「戦わざるを得なかった」んじゃない。
世界が歪んでいることを知っているから、見て見ぬ振りなんて…
「戦わないを選ぶなんてできなかった」んだよね。

■約束
「次に会ったとき、子供達の歌を聴かせてくれ…」
快諾するマリナ。あの歌は、刹那の中に何かを残したようです。
他のサイト様や掲示板を見ると賛否両論あるようですが…
私は結構好みです、挿入歌「TOMORROW」。
不思議と耳に残るんですよね。
…………。
…なんでだろう…
この「約束」に嫌な予感を覚えるのは…。
変なフラグじゃなきゃいいんだけど…。

■覚えてないの?
カタギリ技術大尉、マネキン大佐の艦に到着。
でも2人とも、お互いのことがわからない?
忘れてるのか…スメラギさんへの憎しみが強すぎて
他は何も目に入らないとか…((((@口@;))))アワワワワ…

■ちょっ…だめー!!
新型MAエンプラスの攻撃にセラヴィー&アリオスピーンチ!
ケルディムはGN粒子チャージ中、オーライザーは刹那の所。
残る機体はGNアーチャーだけ。そんななか…
「私に行かせてください」
マリーさん自らスメラギさんに進言!? Σ(@口@;)
アロウズのパイロットスーツに着替え…行かんといてー!!!
が…しかし退いていくアロウズ。原因は本部からの緊急暗号通信。
内容は…「アフリカ軌道エレベーターでクーデター」。
ハーキュリー大佐ぁ―――!!
あなたに感謝します! ありがとう!!

■来ちゃったよ…
痛み止め?を打ってトレミーの許へ急ぐ刹那。
そんな中、クーデター発生の一報。トレミーもきっとそこへ…
しかし待っていたのは…
技術大尉の恨みと憎しみの結晶、MSマスラオ…(T□T)
刹那ケガしてるのに…痛み止め打ってなんとかな状態なのに…。
「見るがいい、盟友が作り上げた、このマスラオの真髄を!!」 
何する気だよ、とか思ったら……ト…
トランザムゥ――――ッ!!!? Σ(@口@;)
ちょっ…なんてもの造ってくれやがりましたんですかー!?

■新ED
OPに続き、EDが変わりました。伊藤由奈さんの「trust you」
……!? Σ(@口@;) なっ…んじゃこりゃあーっ!!!?

ぼろぼろになって水底に沈んだアリオス…
ぼろぼろになって紅葉林に倒れたケルディム…
ぼろぼろになって山岳地帯に突き刺さるオーライザー…
ぼろぼろになって氷漬けのセラヴィー…
マリーさんを引き寄せるアレルヤ…
ライルを引き寄せる誰か…
ルイスを引き寄せる沙慈…
イノベイターに銃を向けるティエリア…

前ED「Prototype」と繋がってる…さらに

どこかでぼろぼろになったダブルオー…
それを見上げる子刹那…笑顔が…

…よくみるとダブルオーに花が…?
…「DAYBREAK`S BELL」とも繋がってる!?

破壊されたガンダムにかなり嫌な予感を覚えますが、
このダブルオーでなんとか良い方向に考えられそうです。
というか…そう考える努力をします…。
願わくば、兵器が必要のない
「澄みわたる未来」が来たらんことを…。

■次回予告
第16話 「悲劇への序章」
個人的には、セルゲイさんもクーデターに参加して欲しい…。


2009/01/18 21:11 |ガンダムOOCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ひっさびさ…

もう何日も仕事に行っていなかった気がします。
思えば一週間、ばたばたばたばたしどおしで…。

今日、本当に久々にきちんと仕事を終えました。
水曜日に早退し、木、金曜日の2日休んでの出勤です。
普段休むことが無い私、専務にえらい驚かれておりました…。

2009/01/17 20:49 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

たとえ個体差だとしても…(汗)

うちには猫が2匹います。
白黒とキジトラ、どちらもメス。
今日は、2匹の体型の話。

もともと野良猫だった白黒猫、ココア。
室内飼いのため、ぷくぷくと丸くおっきくなりました。
キジトラ猫・コンが来たのは、次の年。
執拗にちょっかいを出され、いつも酷い目にあわされました。
夏バテとコンのWストレスから(偶然にも)ダイエットに成功。
さすがに伸びたお腹の皮は戻りませんでしたが、
すらりとした猫本来のプロポーションに戻りました。

一方、コンはというと…。
ココアにちょっかいを出しては怒られるも、本描は悪気無し。
好きなだけ食べて眠って暴れての繰り返し。
いわば「ノーストレス生活」。
そんな生活が災いして…
…………
お腹の肉をつつくと、「ぷに」ではなく「むち」っとします……。
………(T▽T)

2009/01/16 15:43 |猫の話COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

治ったのに…

久々のブログ更新です。
以前から書こう書こうと思っていたことを、やっと書けます。


治ったぁ―――――っ!! \(>▽<)/

苦節何ヶ月かかったことでしょうか。
両足親指に出来ていた巻き爪がとうとう完治しました。
さらば、ちょっとぶつけただけで悶絶した日々!

………なのに…。

昨日、また会社を早退しました。
吐き気と共に激痛が胃を襲い、午後になって病院へ。
……軽い風邪と急性胃炎でした…。
胃炎は以前に経験済みで、もう二度とごめんだったのに…(泣)
地獄ですよ、ホントに…(T▽T)

2009/01/15 13:45 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

いろいろありました…

今日は家に帰れないつもりでいたのですが
運良く留守番のために返って来れました。

疲れました…。
明日も疲れそうです…。
しかし、明日でどうにか一段落しそうです。
あと1日。
泣かずになんとかなるといいのですが…。

2009/01/12 23:42 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ああ、癒し歌…

「機動戦士ガンダムOO 第14話 歌が聴こえる」

その歌は、希望か、癒しか。


■また新型!?
メメントモリ破壊完了! あとは刹那と合流…と思いきや…
えーっ!? Σ(@口@;) ここでイノベイターかよ!!
ガデッサ&ガラッゾに加え、新型MAまで…
しかもこの新型、ルイスの機体のプロトタイプ…
ルイスにこれ以上新型はいらんよー!!(泣)
しかし心なしか、ノリスケの乗ってたアルヴァトーレに似てる…。

■おはようございます!
全治10日の治療も終わり、おやっさん起床!
しかし医務室の外に出てみれば…
通路の壁、そこに空いた穴から広がる景色…。
「…なんっじゃこりゃぁ―――――――― !!?」
こここはどこ!? アルプスのどこか!? すごいほのぼのしてる…。
医務室のすぐ傍に着弾した攻撃…あと少し敵機の出力が大きければ
親友・モレノ医師の二の舞に………あ、あっぶね~…(汗)

■再会
刹那、ネーナとまさかの再会。そりゃあ驚きもするでしょう。
しかしネーナの言葉を最後まで聞かず、刹那、大気圏突入。
「フラレテヤンノ、フラレテヤンノ」 相変わらず毒舌だな、紫ハロ。
しかし言うことはもっともだ。

■名前
ライルはアニューのこと「リターナーさん」って呼んでたんだ。
どうして正確にトレミーの位置を…その原因は、おそらく…。
カタロンの仲間たちに連絡を取るライル。
そんなライルに、アニューと呼んでくれ、と。
「なら俺のことも、ライルでいい」
「ライル・ディランディ…俺の本名だよ」
ニールがフェルトに教えたように、ライルはアニューへと教える。
Σ はっ…もしや…これが2人の恋の始まり!?

■どっちだろ…
「ごめんなさいアレルヤ…」
マリーさんを戦闘に巻き込んだことを謝罪するスメラギさん。
そんなスメラギさんにアレルヤは「過ぎたことです…」
マリー本人も納得しているから…でも…
「でも、もう二度としないでください…」
ちょっと久々の沈んだ表情。
マリーさんを巻き込んだスメラギさんに怒りを覚えているのか…
それとも、巻き込んでしまったこと自体を憂いているのか…。

■始まりの場所で
サーシェスを見つけ、追いかける刹那。
たどり着いたのはクルジス共和国。
刹那の故郷。刹那の人生の、戦いの、すべてが始まった場所。
そして相対する、因縁の敵。
刹那の運命すべてを狂わせた存在。
刹那たちからニールを奪った存在。
けれど、そこにはもうひとり。
「俺のスポンサー様だ!」
そこにいたのは…イノベイター、リボンズ・アルマーク。
「久しぶりだね、刹那・F・セイエイ。いや…ソラン・イブラヒム」
リボンズは知っていた。11年前の刹那…いや、ソランを。
戦場を駆けていた刹那も、機密保持のために排除するはずだった。
「僕を見つめる君の瞳が、とても印象的だったからね」
…!! Σ(@□@;) つっ…繋がった…!
小説1巻のエピローグと繋がった!! やっぱこいつかーっ!!
さらに「それだけじゃない」…
「ヴェーダを使って君をマイスターに推薦したのも、この僕だ」
……あっ!!!! Σ(@口@;) 「ROAD TO 2307 “天使降臨”」!!
『俺が知っている限り、マイスター候補にあのような若いパイロットは
いなかったはずだ。だが、先ほどヴェーダにアクセスしたときには、
エクシアのマイスター候補の筆頭にあがっていた…どういうことだ…
ヴェーダが見落としていたのか………それとも…』 byティエリア
あれはこういうことだったのか―――っ!!!!
すげえ…このセリフちょっとひっかかってたんで何かと思ったら…。
「それはもともと、僕が乗る機体だ」
ふざけんなー!!(`口´) 
ダブルオーは刹那のためにティエリアやおやっさんやリンダさんが
苦心して作った、刹那の専用機なんじゃボケーっ!!!
刹那が生きてることを信じたみんなの思いが詰まった機体…
それをてめーみたいなバカヤローに渡すわけねーだろがー!!!
はあ、はあ…あ、熱くなってしまいました…(ご無礼!)

■いたたたた…
別々の方向からトレミーへ迫る2機のMS。
一機はリヴァイブ、もう一機はブリング。
一方の刹那もサーシェスとの戦闘へ。
肩…肩をケガしたまま…(T□T アー…)
必至にファングを目で追う刹那の表情が…表情が…!
もーやめてー! 無理せんといてー! てか刹那右利きだよね!?
レバーの操作だけでも傷に響いてるんでしょ、せめて止血を…
………あんな状況じゃ無理か…(泣)

■可変式高速機動型の名は伊達じゃない!
「ハレルヤがいなくても!!」
GNアーチャーで応戦するアレルヤ。
大気中では機動力で勝るアリオスが有利。
前回のハブラレルヤっぷりが嘘のような活躍です(笑)。

■たとえイノベイターでも…
「ティエリア・アーデ…君はイノベイターだ!」
「我らと共に、使命を果たせ!」
確かに、ティエリアはイノベイター。ブリングと同じ。
でも、生まれは同じでも、心のあり方が決定的に違う。
イノベイターのやり方は許せない。
そして自分は、ソレスタルビーイングの一員。
戦争根絶のために戦う、ガンダムマイスター。
たとえヴェーダに造られた生態端末であっても…
「僕は、人間だ!!」
お前たちの仲間なんかにならない。
だから戦う。彼と同じ、みんなと同じ、“人間”として。

■セラヴィーはやっぱりヴァーチェの後継機
…(゜口゜;) なんか出た!
「セラフィムガンダム」…これあれか!?
小説3巻のエピローグにでてた例のシステムか!?
型式番号はどうなるんだろう…

GN-0000 ダブルオーガンダム
GN-006  ケルディムガンダム
GN-007  アリオスガンダム
GN-008  セラヴィーガンダム

だから…順当に考えればGN-009かな?

■響く歌声
トランザムを使い、サーシェスを追いつめる刹那。
そのまま駆逐してしまえ! しかし。
そこに響く、自分を呼ぶ声。
そして、歌声。
ダブルオーライザーのトランザムが引き起こした
脳量子波?現象で、その歌声はカタロンの人々へも…。
アルケーガンダムは爆発。しかしパイロットは即脱出。
歌に気を取られたのか、それとも自分を呼ぶ声に驚いたのか。
刹那は、サーシェスを討てなかった…。

■新型、完成!
技術顧問の憎しみの結晶がとうとう完成しちゃいました…。
その技術顧問、スメラギさんと撮った写真を破り捨て…
「さよなら…クジョウ…」
ああ、恨み辛みを込めたその新型、今からとても怖いです…。

■新OP&ED
今回から変わったOPは、ステレオポニーの「泪のムコウ」。
随分明るい曲と聞いていたのですが、なるほど、確かに明るい。
しかし…私は気に入りました! いいじゃないですか!
曲自体もすごくいいし、OP映像もいい!
特に最後、マイスターズとGN粒子がそれぞれ別々の方向に
向かっていく様、そして刹那の手を取る誰かの手…。
あの…この辺切ないんですけど…!
EDは「TOMORROW」……なかなかいい歌詞だ…
…「歌:マリナ姫と子供達」!?
え…EDに正式採用ですか!? おおー、こうくるか…。
今回だけなのか、それとも…。
そういえばEDの情報はまったく入ってこない…てことは!?

■次回予告
第15話「反抗の凱歌」
セルゲイ大佐とハーキュリー大佐はどう動く!?
マリナ姫の前で崩れ落ちる刹那…痛い…(泣)
カタロンの皆さーん、刹那の手当て早くー!!(号泣)
そんな刹那の見た夢? どこかで私服で誰かと向き合う。
誰? その答えは、今日の限定待ち受けで示されました。
本日の待ち受けはセラフィムガンダム。
トランザム状態なので、色がよくわかりません。
そのテロップはというと…
「お前は変われ…変わらなかった俺の代わりに…」
………っ!! Σ(T口T) わかる、これはわかる!!
大丈夫、安心して! 刹那は立派に変わったから!!(滝涙!)

2009/01/11 21:05 |ガンダムOOCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

えーっ!? Σ(@口@;)

うちには猫が2匹います。
白黒とキジトラ、どちらもメス。
今日は、キジトラの話。

昨日のことでした。
パソ子でお気に入りサイトを巡っていました。
ふと、末の弟に呼ばれました。
家族の多い我が家では、二階の和室で私と末弟と妹が寝ていて、
パソ子もここに置いてあります。
入り口のふすまで、弟が笑っておりました。
弟の口から出た言葉は……

「お姉ちゃん、コン(キジトラの名前)がふすまにひっかっかった!」

曰く。
廊下に出たいとキジトラが訴え、寒いので通れるギリギリで
ふすまを開けたところ、なんと……
…「身体の肉がつっかえて廊下に出られなかった」と…。
……………。
…仮にも猫でしょう!? Σ(@口@;|||)

2009/01/10 20:50 |猫の話COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

………

大変なことになってます。

これまでの人生で一番とんでもない事態に直面しています。

2009/01/09 20:25 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

…(―_―;)

――――――― …。

いろいろあって、会社を早退しました。
入社1年目の夏、胃炎で早退して以来です。

――――――― …。

予想外のことが起こりました。
ちょっと現実味がありません。
なんとなく息苦しいです。

――――――― …。

末の弟が(少しだけ)泣きました。
そのうえ妹まで泣きました。
ある意味最強のうちの妹が、です。

………

世の中、何が起こるかわかりません。

2009/01/08 20:36 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

妹も気に入ったサイト

昨日、新しくリンクを追加しました。
「:IzFACT-アイズファクト-」 リンクフリーとあったので
思い切って貼ってみました。

以前アニメ雑誌の「アニメディア」に文章投稿した
「ガンダムの機体名、その由来」を調べたときに
片っ端から見ていった天使・神学等のサイトのひとつです。
偶然とはいえ、とてもいいサイトに巡り会えました。
なにがいいって、まずかなり詳しく書いてあるうえに
なによりもイラストがもの凄く綺麗!
このイラスト、管理人様の手書きのようですが、
「この人プロじゃないの!?」と思わせるような美しさです。
また、ナドレを除く第3世代型、現在活躍中の第4世代型、
スローネ、サーシェスの新型など、ガンダムの機体名の由来が
すべてここに載っています。
興味を持った方、一度覗いてみてください。お奨めです。

2009/01/07 22:33 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ああ、猫はいい

仕事の帰り道。
通りすがりの駐車場で、猫を見ました。
おっきい灰色の、たぶん雄猫。
野良なのか、長毛種の毛がバサバサでした。
鳴いたときよく見ると、前歯が無いように見えました。
でも鳴き声は結構カワイイ…
名も知らぬその猫に近寄ってみると、寝そべりながら
私の足にすり寄ってきました。
その後、道路を横切って交番のほうへと去っていきました。

…ちょっと幸せ気分

2009/01/06 21:10 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

へこみ中…

へこんでます…。
いえ、全面的に私が悪いのです。
でもへこんでます…。
ため息つきたくなることばっかり思い浮かびます…。
ほんっとどうしようもないな自分、とか…。
役立たず、とか…。
みそっかす、とか…。

…しまった、愚痴になってしまった…。
無言でスルーしてやってください…。


……泣きたい…(T_T)

2009/01/05 20:11 |日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

あれ?

ポケットバインダーがどこにもありません。
しばらくは大丈夫ですが、早めに補充しておきたい。
またこつこつ探すか…。


ダブルオーオフィシャルファイルの
バインダー付き4巻を予約してきました。
忘れないようにしなきゃ…お金。

2009/01/04 19:55 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

こういうときに限ってない

一昨日から、溜まっていた雑誌の整理をししていました。
切り抜くところは切り抜き、ファイルに整理して…
本体のほうは明日古紙回収所に持っていって…
と思っていたら、ポケットバインダーがそろそろ切れる。
なので今日、百均に買いに行きました。
行きました…
…行きました…
……

…Σ(@口@;)

ない!? え!? 売り切れ!?
20枚入りのお得な奴なのに!?
真面目にもう枚数無いから、どこかで探してこないと…
とりあえず明日、古紙回収所によってからだな。

2009/01/03 20:19 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

案の定

年明けの直後。
友人から早めのクリスマスプレゼントとしてもらったお酒を
飲んでみました。
次の日に仕事がない休日にひとりで飲もうと思っていたのに
ついつい先延ばしにしてしまっていたものです。
ま、お酒といってもアルコール度わずか3%、
リンゴ100%のスパークリングワインですが…
私にとっちゃ人生初の飲酒です。
刹那とタメの私ですが、アルコールの匂いが今まで
行動を渋らせていました。
行く年来る年をBGMに、グラスに注いで。
さて、しゅわしゅわいってるお酒を飲んでみます。

…………

……(-△-;)

…「なぜこんな苦い物を…」byアレルヤ

…↑気持ちがよく分かった。

予想通り、私にはあんまり合わないみたいです。

2009/01/02 20:23 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

賀正

新年あけましておめでとうございます。

去年は師走にブログを開設したりといろいろあったにも関わらず、
ものすごい勢いで早く過ぎていきました。
今年もそんな感じになるのかと思うと、かなり怖いです。

とりあえず今年一年、毎日ブログを続けていきたいと思っています。
どうぞ本年も、よろしくお願いいたします。

2009年 1月1日 元日  炎 全


2009/01/01 14:05 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。