スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

前も同じ手に引っかかった!(汗)

本日アニメディアの発売日、ということで買ってきました。
(画像は後日)
あ、いくつか文章投稿が載ってました。PNは同じです。

………

ええ、問答無用でニュータイプも買いました。
ダブルオーキャラデザの高河ゆん先生の
書き下ろし漫画が見たかったんです。
去年も同じ手に引っかかってニュータイプお買いあげ、がありました。
いつもは買ってないんですけどね…( ̄▽ ̄;ハハハ…)



前回は刹那とライルの話、今回はティエリアの話。
唯一CBに戻ってきたティエリアが、もう一度立ち上がるまでの道のりです。

マイスターの中でひとりだけ組織に残されたティエリアは
どうしていたのか、どんなことを思ったのか、どう行動したのか。
いろいろ考えてはいましたが、こうしてみると結構辛いです…。

ティエリアが得たものはとても大きくて、大切で。
だからこそ、失ったとき、立ち上がれなくなるほど悲しい。

誰が死んでもおかしくないと判っていたのに。
誰が命を落とそうと同じだったはずなのに。
何故。
「みんなに生きてて欲しかった」
なにより
「僕はあなたに生きていて欲しかった」

「……オレもさ」
「オレはいない。ヴェーダもいない。自分で決めるってけっこう難しいだろ?」

ティエリアが何かにつまづいたとき、迷ったとき。
背中を押してくれたのは、いつだってニールでした。
知らないうちにそこにいて、前に進むための力をくれる。
たとえ、傍にいられなくなっても。

「だけど おまえならもう できるはずだ」

その優しくて強い心は、いつでもティエリアの中に在ります。
ニールが彼に遺してくれた「気持ち」、「想い」。
それはティエリアにとって、「次の一歩を踏み出すための力」なのです。



どうでもいい続きですが。

ティエ:「今後はトレミーのメンバーもCBの制服を着用しよう」
イアン:「制服? わ、判った。手配する」

…「トレミーのメンバー“も”」、さらに「“手配”する」
このコマに引っかかりを覚えました。

一から制服作ったんじゃ手配という言葉は使わないのでは?
それに“も”ということは、他の誰かは着ている、と解釈できます。
ということは…
…………

もしかして、トレミークルー以外のCBの人は最初から制服着用?
トレミークルーのみ服装自由だった?
最前線で戦う人たちはせめて服だけでも…とか?
どうなんでしょう…?

2009/02/10 20:47 |ガンダムOOCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。