スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

訴えは時に痛みを伴って

うちには猫が2匹います。
白黒とキジトラ、どちらもメス。
今日は、白黒の話。

白黒猫のココア。キジトラと比べると
普段はあまり鳴かない方ですが、
時折人の顔を見て鳴き続けることがあります。

「にゃぁーおー」「にゃぁーあー」

これを日本語に意訳すると

「遊べ」「かまえ」

になります。

訴えれば大抵誰かがかまってくれるのですが、
急いでいる時や手が放せないことをやっているときは
さすがにかまってあげられません。

が…

そうすると、決まって彼女はあることをします。

がぶっ…

そう…問答無用で噛みつくのです。
私、今日右手を噛まれました。
しかし彼女は訴えた人が素足だと足に噛みつくのです。
大抵は弟妹たちが犠牲者となります。
噛まれると痛いです。だって、ほぼ100%血が出るから…。

2009/02/18 21:15 |猫の話COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。