スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

憎しみが…憎しみを呼ぶのか…

「機動戦士ガンダムOO 第21話 革新の扉」

予期せぬ変化がもたらす未来は、光か、それとも…。


■わ゛―――――っ!!!
本当にああするしかなかったの?
沙慈の問いに、刹那は肯定を返す。
ああしなければ、ロックオンは…ライルは…。
「あの時の彼女には、彼女の意志はなかった」
ルイスもそう。何かに取り込まれている。
なぜかは判らないけれど、そう感じる。
「最近の君は、どこかおかしいよ。以前と何かが…」
何かが、違う。
システム確認のためにトレミーの電源が落とされる。
絶句する沙慈。暗闇の中、ぼんやりと浮かぶ光。
赤褐色の刹那の虹彩には…わずかな金色の輝き…。
……某掲示板にて囁かれていた仮説が、今、現実の物となりました…
……監督…私は…あたしは…!
イノベイター化していく刹那なんかみたくなかったわちくしょ――――っ!!!!
刹那は人間のままでいてくれえぇ――――っ!!!!(T口T)

■卑劣な手段
システム復旧。有視界領域に敵の姿は無し。
ほっとするミレイナ。そこに飛ぶティエリアの一喝。
「油断するな。この前のような卑劣な手段をとってくるとも限らない」
その声は、明らかに怒りを含んでいる。
「卑劣な手段」…それは…敵部隊の中にアニューがいたこと…
ライルの慟哭も、刹那の行動も、ティエリアは知ってる…。
それがふたりにとって、どれだけの傷になったのかも…。
だからこそ、怒りを覚えているように、見えました…。

■突きつけた銃口
「感情的になりすぎた…」
(たぶん)数日がたち、少し落ち着いたライル。
「戦うぜ。俺は、戦う」
CBとしてでも、カタロンとしてでもなく。
俺は、俺の意志でイノベイターをぶっ叩く。
だが…。
刹那の背中に向ける銃口。
確かに、あれは少しやりすぎたと思う。
だが、理性と感情は別物。刹那への憎しみは残ってる。
撃つことはしなかった。
でも…「…兄さん…」
以前「俺はそこまで思い詰められなかった」と自嘲したライル。
ライルはこの時初めて、ニールの気持ちが分かったのかもしれない…

■王家の事情
紅龍には当主となる器がなかった。だから留美が当主に…
当主となった日から、彼女の人生は歪んだ。
「付き合ってもらうわよ、紅龍…あなたには、その責任がある」
でも…そのせいで人生が歪んだかは、
その人のそれからの行動が決めることだと思う。
たとえ決められた地位についても、決められた道を歩いても
そこから抜け出そうと、足掻いてもがいて、そうして未来を造ることもできる。
ティエリアが、悩み迷い、その逡巡の果て、人間として生きることを選んだように。
ほんの少し、留美が哀れに思えました。
結果的に世界を壊そうとしている彼女が。
変わることを捨てた、変わりたいと思えなかった彼女が。

■沙慈、不憫だ…
「機体のコントロールを頼む」
そう言われて赤ハロとふたりで機体に残った沙慈。
しかし刹那が戻ってみれば、ダブルオーライザーの傍にはハムさん…。
沙慈には戦うなんてできるはずもなく(それでいいんだよ!)
かといってまさか刹那をおいてその場を離脱することもできないし。
人質状態の沙慈、怖かったろうな…。

■この人はどこまで…
放送終了後、親友Kからメールが来ました。
『ハムさんはどこまでいくんだろう…(笑)』
…や、まったく!
愛も憎しみも超越し、宿命となった。
どこまでガンダムに片想いすれば、この人は納得するんだろう…
もう、もとのあの人には戻らないのか…。

■復讐する者、される者
留美撃ったネーナ。破片も残っていない…粉々なのか…?
「あんたの役目は終わったのよ…」
「ソウイウキミノヤクメモモウオワリダヨ」
変貌するHAROの声。
リボンズ…あんたの脳量子波ってHAROにもリンク可能なの!?
ネーナに因縁を持つ奴…まさか、サーシェス?
「ソウダネ、アルイミカタキダネ」
現れたのは…アロウズのMAレグナント…ルイス。
「あの時の…パパとママを殺したガンダム!」
般若の形相でネーナに襲いかかる。
家族を自分が…でも自分だって兄たちを殺された…
「自分ばっかり不幸ぶってんじゃないわよ!!」
けれど…スローネドライは5年前の機体…しかもサポート能力に特化した…
ただでさえレグナントはセラヴィーの攻撃も弾いたのに、ドライじゃ…
MAからMSへ変形、ファングを撃ち出すレグナント。
少しずつ削られていくドライ…もう残っているのはコクピット部分…
まだ復讐も果たしてないのに…死ねない…死にたくない…
「そうだよね…死にたくないよね…」
でも…
「パパとママは、そんな言葉も言えなかったっっ!!!」
躊躇うことなく、ルイスはトリガーを引いた…。

「やった…やったよ…パパ…ママ…仇をとったよ…ガンダムを倒したよ!」
そこにあったのは、無邪気に喜ぶルイス…でも…
「だから…ねえ…誉めてよ…よくやったって…ねえ…」
…誉めてくれるかな…ちょっと無理かも…
憎しみを覚えるまで自分たちのことを思ってくれてる。
ルイスのその気持ちは、きっと嬉しいと思う。でも…だからって…
…他でもない自分たちのために、その手を血で染めるなんて…
そんなの…きっとやりきれないよ、ルイス…。

復讐したからって、死んだ人間が戻ってくるわけじゃない…
今、CBにも、アロウズにも、復讐に走る人たちがいる。
復讐でなくとも、どうしようもない憎しみを抱えた人たちがいる…。
刹那に銃口を向けたライル…
大佐の仇討ちに燃えるソーマ…
スメラギさんに恨みをぶつける技術大尉…
打倒ガンダムを掲げるハムさん…ルイス…
復讐や憎しみを糧に生きてきた人間が復讐を果たしたとき…
その人は、なにを生き甲斐に生きていけばいいんだろう…

■本当の目的
トランザムを使ってぶつかり合うダブルオーライザーとマスラオ改めスサノオ。
そして、GN粒子が創り出す脳量子波現象。
「これがGNドライヴを造った本当の目的…人類に革新を促す…」
その第一号が…ほかでもない、自分自身…
「今なら判る…俺は…革新を始めている…」
刹那の虹彩は…鮮やかな金に輝いていた…。
だから…だからさ…
私はいつもの色のほうがいいってばー!!(泣)

2009/03/01 22:06 |ガンダムOOCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。